ドクター・フィールグッド・ガイド (DR. FEELGOOD) by BEAT-NET 
BEAT-NET  |  DR. FEELGOOD  |  WILKO JOHNSON  |  PUB ROCK  |  60's MODS  |  お問合せ
BEAT-NET HOMEPAGE - 60年代ブリティッシュ・ビート~パブロック アルバム・ガイド -

BEAT-NET TOP > DR. FEELGOOD

DR. FEELGOOD
ドクター・フィールグッド・ガイド

パブロック界の文句なし最強バンド、ドクター・フィールグッド。
R&Bビートをベースに独特な切れのシャープさはブリティッシュ・ビート界No.1!

DR. FEELGOOD

オススメ度:★★★★★


ドクター・フィールグッド&ウィルコ・ジョンソン・ファン・サイトもよろしく
DR. FEELGOOD & WILKO JOHNSON FAN SITE

ミッシェル・ガン・エレファントの影響で、大ブレイク!
パブロックといえばこのバンド・・・その名もドクター・フィールグッド(DR. FEELGOOD)

とにかく、最初聴いたときはあまりのカッコよさにひっくりかえりましたヨ。
R&Bビートをベースにやたらと鋭いウイルコ・ジョンソンのカッティング・ギターに、
リー・ブリローの激シブ・ヴォーカル&ハープ (時にはスライド・ギターも!)。
その切れ味、爽快感、そしてコクの深さが超ド級なんです。


しかし、そのパブロック・バンドの中では圧倒的な人気のこのドクター・フィールグッドでさえ、
日本(世界中?)においての一般的な知名度はあのビートルズに比べると天と地の差、
・・・なんてものではない。

その理由は実に簡単なのだ。
まずはルックス、写真を見てみればわかるが、男臭い、そしてオヤジくさい。
そしてそのファッション・センス。男臭い、さらにヨレヨレ、
ギターのウイルコ・ジョンソンにいたっては黒ずくめのワン・パターンだし・・・

さらに話題性。
故リー・ブリロー(Vo)とウイルコ・ジョンソン(G)との確執など、
故ジョン・レノンとポール・マッカートニーとの確執に比べるとえらい地味。
・・・というより、リー・ブリロー、ウイルコ・ジョンソンの名を知っている人が
一体どれ位いるのだろうか?


しかし、そんな事はこのドクター・フィールグッドの前では、関係なし。

そう、そのサウンドを聴けばすぐわかる。
R&B系ブリティッシュ・ビート好きには、とにかくゴリゴリのたまらないサウンド。
カッコイー!という以外、ほかの言葉が見つからないのだ。


そのシビレ・サウンドの源を築き上げたデヴュー当初のメンバーは、
ヴォーカル、ブルース・ハープ、時には豪快スライド・ギターまで弾く故リー・ブリロー。
20代にしてオヤジ入っててシブい親分。

ギターは、坊ちゃん刈り(元長髪、いまは坊主)のウイルコ・ジョンソン。
鋭すぎてホントにあぶないカッティングとブチ切れたステージングが恐るべしなのだ。

さらにベースは、やっぱりオヤジ入ってるジョン・B・スパークス。
痒いところに手が届くような、安定したフレーズがポイント高し。

ドラムのビッグ・フィガーもやっぱりオヤジ・ルック。
最小限の手数で、あらゆるツボを最大限についてくる。

この4人で、真のバンド・サウンドというものをウネリ出してるのだ。

そんなあまりにもカッコいーサウンドとホントぶっ飛びステージのライヴで、
アルバム出す毎に、人気もメキメキ急上昇。

そして、な、な、なんと、
3枚目のライヴ・アルバム『殺人病棟 (STUPIDITY) 』は、
全英でナンバー・ワンとなっちゃったから、さぁビックリ。

スーパー・スターへの道へまっしぐら!
・・・となるかと思いきや、な、な、なんと、
ギターリストであり、ソングライターであり、初期ドクター・フィールグッドのキーマンである
ウイルコ・ジョンソンがクビになっちゃうのである。

ステージでは派手なプレイの人だけれど、ホントはホントはとっても繊細なウイルコ・ジョンソン。
いろーんな事があったのだ。


その後、ウイルコの後釜ギターリストとして、正式にジッピー・メイヨが加入。
R&B、ブルース・ベースな曲を微妙にポップ・スパイスをふりかけ、
ビート・サウンドに仕立て上げるドクター・フィールグッドのサウンドがこの時代に完成。
その後、現在まで続く伝統である。
(ウイルコ時代はある意味、特別で一般的には再現不能。)

しかしその後アルバムを出す毎に、少々パターン化。
ジッピーが脱退し、元カウント・ビショップスのジョニー・ギターが正式加入して、
そのサウンド、スタイルをまんま継承したが、
たった1枚のアルバム『ファスト・ウィメン・スロウ・ホーシズ』を残し、
なんと、今度はジョンBとビッグ・フィガーのリズム隊2人が脱退。
そして、ジョニーまで脱退して、大ピンチのリー・ブリロー親分。


しばし活動休止の後、
リーはメンバーを一新させてドクター・フィールグッドを再始動。
しかし、実にバランスの悪いアルバムばかりで、この時期は暗黒時代。

そんなリーのお先真っ暗状態を救ったのが、新ギターリストのスティーヴ・ウォルイン。
確かな実力とその人柄で、
ビート・バンド、ドクター・フィールグッドを復活させてみせた。
なかなか腰の入った好アルバムも着々と発表し、またもや黄金時代の到来。

・・・と思いきや・・・

残念ながら1994年4月7日、リー・ブリローこの世を去る。

ラスト・アルバムは自身が経営するパブでのライヴ盤、
ダウン・アット・ザ・ドクター』、病を抱えながらの熱演。
まったくパブでライヴないかした男なのだ、リー・ブリローは。


ちなみに現在では、オリジナル・メンバーは誰もいないけれど、
ドクター・フィールグッド結成前からの、バンド仲間だったケヴィン・モリスを中心に、
救世主、スティーヴ・ウォルインのギターも研ぎ澄まされて、
現役ライヴ活動中のドクター・フィールグッド。

なかでも新たなヴォーカルのローバート・ケインは、
ドクター・フィールグッドの伝統は生かしつつも、リーのスタイルにはこだわらない、
独自のパフォーマンスで、ハッキリ言ってカッコよすぎ!!!

これはこれでおいらは大好きなのだ。


▽DR. FEELGOOD OFFICIAL WEBSITE
http://www.drfeelgood.org/
最新情報はこちらで。




DR. FEELGOOD
●このステージングがまたおもしろい!

Recommended Albums

まずはここから、全盛期ウイルコ・ジョンソン時代のお奨めアルバム。
DOWN BY THE JETTY
DOWN BY THE JETTY
超衝撃的なファースト・アルバム。
とにかくこれを聴くべし。なにがなんでもこれを聴くべし。
最初はこれを聴くべし!

MALPRACTICE
MALPRACTICE
渋みたっぷりのセカンド・アルバム。
とにかくこれも聴くべし。個人的には一番好きなアルバム。
ファンキーでくせになる!

STUPIDITY
STUPIDITY
驚異の全英ナンバー・ワン・ライヴ・アルバム。
『殺人病棟』なんていう邦題もスゴイが中身はスゴすぎ。
これでダメなら、もうなにもなかった事に!

ドクター・フィールグッド中上級者ファンに人気のジッピー時代を聴くならコレ!
PRIVATE PRACTICE
PRIVATE PRACTICE
ウイルコの後釜、ジッピーのギターも聴けば聴くほど味わい深い。
後に続くドクター・フィールグッド・サウンドは、実はこれがベース。
派手さはないけれど、後からジワジワ効いてくるのだ!

オリジナル・メンバーは誰もいないけれど、とにかくカッコイーこの1枚!
CHESS MASTERS
CHESS MASTERS

リーもウイルコもいないけど、トリビュート・バンドとか言われても、
カッコイーもんはカッコイーのだ!
文句あっかの5つ星!!!!!

動くドクター・フィールグッドはコチラで!
GOING BACK HOME
GOING BACK HOME
リー、ウイルコ、ジョンB、ビッグ・フィガーの最強メンバーでのライヴ映像。
これがまた、とんでもなくスゴすぎ、カッコよすぎ。
と、と、とにかく、た、た、たまらんのだ!

とりあえずはベストから。。。ならこの1枚(2枚組だけど)。
TWENTY FIVE YEARS OF DR.FEELGOOD
TWENTY FIVE YEARS OF DR.FEELGOOD
結構活動歴がながーいんで、これくらいのヴォリュームがほしい。
メンバー・チェンジ毎の代表曲がてっとり早く聴けます。
1枚モノですませたいならば『FINELY TUNED』がオススメ。


Discography - Original Albums

個性全開!ウイルコ・ジョンソン在籍の時代。文句無の絶頂期。

DOWN BY THE JETTY (1975/01)
恐るべしカッコよさのファースト、聴くべし!

DOWN BY THE JETTY COLLECTORS EDITION (DISC 1編) (2006/06)
DOWN BY THE JETTY COLLECTORS EDITION (DISC 2編) (2006/06)

MALPRACTICE (1975/10)
これまた恐るべしカッコよさのセカンド、これも聴くべし!

STUPIDITY (1976/09)
とにかく恐るべしカッコよさのライヴ、またまたこれも聴くべし!

SNEAKIN' SUSPICION (1977/05)
ウイルコ時代のラスト・アルバムなのだ!

ひたすらR&Bでライヴ処方。フィールグッズ・ブランド確立期。

BE SEEING YOU (1977/09)
メンバー・チェンジもなんのその、カッコよし。

PRIVATE PRACTICE (1978/09)
イーぞ、これは! 完成度も高し。

AS IT HAPPENS (1979/06)
ケッコー楽しめるライヴ盤です。

LET IT ROLL (1979/09)
ちょい、いただけないなぁ。。。

A CASE OF THE SHAKES (1980/09)
マンネリの兆しが無きにしも。。。

ON THE JOB (1981/08)
ちょっと新鮮味が足りないかなぁ。

FAST WOMEN SLOW HORSES (1982/10)
ジョニー・ギター唯一のアルバム。

リー・ブリロー以外のメンバーが脱退!試行錯誤の混乱期。

DOCTORS ORDER (1984/10)
暗黒時代の兆しがジワリ。。。

MAD MAN BLUES (1985/10)
R&B回帰、気合一発、が。。。

BRILLEAUX (1986/08)
よっぽど好きじゃないと、ちょっと。。。

CLASSIC (1987/09)
かなり好きじゃないと。。。

原点に立ち返ってフィールグッズ・ブランド復活!安定期。

LIVE IN LONDON (1990/05)
心機一転。。。なかなかタイトなライヴ・アルバム!

PRIMO (1991/06)
久々に軽快な好アルバム。

THE FEELGOOD FACTOR (1993/07)
新しい方向性が見えたか!

DOWN AT THE DOCTORS (1994/04)
リーのラスト! ライヴ・アルバム。

ついに復活。リーの意思を受け継ぐ継承期。

ON THE ROAD AGAIN (1996/08)
新ヴォーカル、ピート・ゲイジを迎えての新生ドクター・フィールグッド。

CHESS MASTERS (2000/05)
またまた新ヴォーカル、ロバート・ケイン。メチャカッコよし!

SPEEDING THRU EUROPE (2003/05)
新生フィールグッズ、ヨーロッパ各国でのライヴ盤。カッコイーぞ!

REPERT PRESCRIPTION (2006/08)
過去のドクター・フィールグッドの名曲をカバーしたスタジオ盤。

Discography - Compilation Albums

ドクター・フィールグッドの編集アルバム、ディスコグラフィー。

SINGLES (1989/05)
CDで1枚モノのベストならとりあえずこれネ!

LOOKING BACK (1995/10)
リー・ブリロー時代の集大成CDボックス、5枚組。

25 YEARS OF DR.FEELGOOD (1997/04)
結成25周年、記念ベスト2枚組!ベストものならこれがイチバン!。

STUPIDITY+ (1991/03)
名作ライヴ『 STUPIDITY 』にジッピーとスティーヴのライヴをプラス!

SINGLED OUT (2001)
シングル&レア・トラック集!

FINELY TUNED (2002/10)
歴代ギターリストの自薦集。1枚ものベストとしてもおススメ!

WOLFMAN CALLING (2003/05)
リーが歌うブルース・ナンバーばかりを集めたコンピ!

THE COMPLETE STIFF RECORDINGS (2005/08)
フィールグッズの暗黒音源パック。しかし、うれしい誤算が!

OIL CITY CONFIDENTIAL (SOUNDTRACK) (2010/02)
ジュリアン・テンプル監督のドクター・フィールグッド映画のサントラ。

ALL THROUGH THE CITY (with Wilko 1974-1977) (2012/04)
ウィルコ・ジョンソン時代のドクター・フィールグッド決定版!

けっこうイケます。BBCレコーディング。

LIVE AT THE BBC 1974-5 (1999)
ウイルコ在籍時のBBCライヴ音源!

BBC SESSIONS 1973-1978 (2001)
ウイルコ、ジッピー在籍時のBBCライヴ音源第2弾!

DOWN AT THE BBC IN CONCERT 1977-1978 (2002/10)
少々便乗的な、BBCライヴ音源第3弾!

Discography - Compilation Albums

動くドクター・フィールグッドを見るなら。映像作品ディスコグラフィー。

GOING BACK HOME
とにかく必見、絶頂期の恐るべしライヴ! DVD版はCDもついてるのでグッド!

DR. FEELGOOD LIVE (LIVE LEGENDS) (1990/08)
スティーヴ在籍時の後期ドクター・フィールグッド・ライヴ!

LIVE IN LONDON (2005/11)
ロバート・ケイン時代の熱気ムンムンのライヴ。かなりいいっす!

 

オンライン中古CDショップ【BEAT-NET RECORDS】
DR. FEELGOOD(ドクター・フィールグッド)のページはコチラ




Copyright © BEAT-NET HOMEPAGE. All rights reserved.
本ページはリンク・フリーです。(バナーは下記のものをどうぞ)
BEAT-NET