BEAT-NET HOMEPAGE - 60年代ブリティッシュ・ビート〜パブロック アルバム・ガイド -
BEAT-NET TOP > VARIOUS ARTIST > THE VEE-JAY BRITISH HITS

THE VEE-JAY BRITISH HITS / VARIOUS ARTIST
ザ・ヴィー・ジェイ・ブリティッシュ・ヒッツ

ジミー・リード、ジョン・リー・フッカーがいたヴィー・ジェイ・レコードから
ブリティッシュ・ビートの元ネタを集めた編集盤!


THE VEE JAY BRITISH HITS

オススメ度:★★★★☆

ヴィー・ジェイといえば、おそらく最初にピンとくるアーティストは、
ジミー・リード(JIMMY REED)、
ジョン・リー・フッカー(JOHN LEE HOOKER)あたりでしょうか。

あのブルースのようなR&Bのような、
いやいや、そのどちらでも無いような、
ジミー・リード独特のユルユル・ビート。

思わずほとんどのブリティッシュ・ビート・バンドがカヴァーした
ジョン・リー・フッカーの《 Boom Boom 》のような、
妖しさ満点、ブギ・ダンス・ビート。

それらの曲を生み出したレコード・レーベルがヴィー・ジェイ。

ローリング・ストーンズなんて、ファースト・アルバム『 ROLLING STONES
(『 ENGLAND'S NEWEST HIT MAKERS 』の方が一般的?)で、
そのジミー・リードの《 Honest I Do 》、
さらには激シブ、ジーン・アリソンの《 You Can Make It If You Try 》
なんてトコまでカヴァーするなど、
最初からヴィー・ジェイ・マニアぶりを見せ付けています。

そして、実はビートルズのアメリカにおける最初のシングル盤《 Please Please Me 》も、
ヴィー・ジェイ・レコードだったりするというからおもしろい。


ちなみにヴィー・ジェイのVとJは、レーベル創始者の
ヴィヴィアン・カーター(Vivian Carter)と
ジェイムス・ブラッケン(James Bracken)のイニシャルで、
この二人は後に夫婦となる間柄。

あの定番ブルース・レーベル、チェスと同じシカゴにある
黒人によるインディペンデント・レーベルで、
チェスの方は白人による経営。

そんな事から、ヴィー・ジェイは一般の黒人市民から、
受け入れられ、早くからヒットを出していたらしい。

しかし契約関係でアーティストといろいろなゴタゴタがあったらしく、
惜しくも1966年に倒産しちゃうんだとか。

まぁ、そんな話はともかく
ブリティッシュ・ビートにとても縁の深いヴィー・ジェイ・レコード。

当時のブリティッシュ・ビート・バンドがカヴァーした曲や
縁の深い曲を集めたこの編集盤は、なんとも便利なアイテムっす。

ここに収録されている曲を見れば、
ビートルズ、ローリング・ストーンズの他にも、
ヤードバーズ、ゼム、アニマルズ、スペンサー・デイヴィス・グループ、
ホリーズ、スウィンギン・ブルー・ジーンズ、ピーター&ゴードン、
そしてドクター・フィールグッドなんてパブロック系のバンドまで、
ゴロゴロと浮かんできますね。

関連のあるバンド名を並べると、
チェス辺りと比べると、ロンドンR&B系のバンドだけじゃなく、
マージー・ビート系のバンドにも広く受けていたのがわかりますなぁ。

あっ、解説によるとリトル・リチャードによる[21]のセッションで
ギターを弾く男は、ジミヘンなんだとか・・・

◆オススメCDチェック◆
THE VEE-JAY BRITISH HITS

[日本盤] 各曲解説、歌詞付きです。ブリティッシュ・ビート・ファンにはとても重宝。
>> Amazonで詳細を見る!

THE VEE-JAY R&B RARITIES DEEPER
Vee-Jay R&B Rarities Vol.1  [Pヴァインレコード]
*Amazon価格:SOLD OUT / 新品最安値:出品無 / 中古最安値:出品無
[日本盤] ヴィー・ジェイ・編集盤シリーズ第1弾。かなりレアな選曲です。
>> Amazonで詳細を見る!

THE VEE-JAY R&B RARITIES MOVE & GROOVE
Vee-Jay R&B Rarities Vol.2  [Pヴァインレコード]
*Amazon価格:SOLD OUT / 新品最安値¥ 2,500 / 中古最安値:¥ 1,279
[日本盤] ヴィー・ジェイ・編集盤シリーズ第2弾。こちらもまたシブい選曲です。
>> Amazonで詳細を見る!

THE BLUES & THE ORIGINAL NITTY GRITTY

[日本盤] ヴィー・ジェイが1960年と1963年に出した編集盤。ヴィー・ジェイ・レコードのベスト盤的選曲。
>> Amazonで詳細を見る!


THE VEE-JAY BRITISH HITS / VARIOUS ARTIST
THE VEE-JAY BRITISH HITS
[1] I Can’t Stand It / JERRY BUTLER & BETTY EVERETT
[2] Boom Boom / JOHN LEE HOOKER
[3] Honest I Do / JIMMY REED
[4] Stand By Me / GENE CHANDLER
[5] I Ain’t Got You / BILLY BOY ARNOLD
[6] Billy's Bag / BILLY PRESTON
[7] No More Doggin' / ROSCO GORDON
[8] Ain't That Loving You Baby / JIMMY REED
[9] He Will Break Your Heart / JERRY BUTLER
[10] I Wish You Would / BILLY BOY ARNOLD
[11] It's All Right / JERRY BUTLER & BETTY EVERETT
[12] Just A Little Bit / ROSCO GORDON
[13] Dimples / JOHN LEE HOOKER
[14] Here I Stand / WADE FLEMONS
[15] What I Say / DEE CLARK
[16] Steppin' Out / MEMPHIS SLIM
[17] It's In His Kiss (The Shoop Shoop Song) / BETTY EVERETT
[18] You Can Make It If You Try / GENE ALLISON
[19] Bright Lights, Big City / JIMMY REED
[20] Either Way I Lose / GLADDYS KNIGHT & THE PIPS
[21] Hound Dog / LITTLE RICHARD
[22] You're No Good / BETTY EVERETT
[23] Turn On Your Love Light / GENE CHANDLER
[24] It's Not Unusual / THE DELLS

このアルバムの曲をカヴァーしているブリティッシュ・ビート!
THE ROLLING STONES
THE ROLLING STONES
ローリング・ストーンズのファースト・アルバム。
ストーンズのジミー・リード好きはご存知のとおり。
[3]はもちろん、他にも数多くのリード・ナンバーをライヴでは演ってますね。
そして渋いジーン・アリソンの[18]を見事にカヴァー。

(Angry Young) THEM
(Angry Young) THEM / THE THEM
ヴァン・モリソン率いるゼムのファースト・アルバム。
ロスコー・ゴードンの[12]、ジミー・リードの[19]をかなり大胆にカヴァー。
さらにはこの編集盤には未収録ですが
ジョン・リー・フッカーのバラード《 Don't Look Back 》もカヴァー!

SHAPES OF THINGS
SHAPES OF THINGS / THE YARDBIRDS
ジョン・リー・フッカーの[2]に
ビリー・ボーイ・アーノルドの[5],[10]と
おなじみヤードバーズもヴィー・ジェイ・マニアぶりを発揮。
このヤードバーズの編集盤でまとめて聴けます。

THEIR FIRST LP
THEIR FIRST LP / THE SPENCER DAVIS GROUP
ジョン・リー・フッカーの[13]に
ジェリー・バトラー&ベティ・エヴェレットの[1]をカヴァー。
[1]はスーのソウル・シスターズの方のカヴァーかもしれませんが・・・
スティーヴ・ウインウッドのヴォーカルが見事なクロさを見せてくれます。

IN THE HOLLIES STYLE
IN THE HOLLIES STYLE / THE HOLLIES
ホリーズもベティ・エヴェレットの[17]を
《 It's In Her Kiss 》とタイトルを変えてカヴァー。
なかなかいい具合にポップで軽快なアレンジに仕上がってます。

DOWN BY THE JETTY
DOWN BY THE JETTY / DR.FEELGOOD
パブロック・バンド、ドクター・フィールグッドも
定番ジョン・リー・フッカーの[2]をカヴァー。
こちらはシャープでコンパクトに仕上がってます。



BEAT-NET

BEAT-NET RECORDS
60年代ブリティッシュ・ビート〜パブロック中心中古CDショップ
BEAT-NET RECORDS




メールマガジン

メルマガ「ビートルズ、ローリング・ストーンズの次はコレ聴け!」。
ブリティッシュ・ビート、パブロック関連の話題を発信中。購読は無料です。
詳細はこちら!

メニュー
トップ・ページ
HOME
はじめに
INTRODUCTION
オススメ・アルバム
RECOMENDED ALBUMS
音楽関係お気に入り本
MY FAVORITE BOOKS
管理人について
PROFILE
メール・マガジン
バックナンバー
MELMAGA
ブログ
BRITISH ROCK'S BROG
60年代モッズ・ガイド
60's MODS!
パブ・ロック・ガイド
70's PUB ROCK!
ドクター・フィールグッド&ウィルコ・ジョンソン ファン・サイト
DR. FEELGOOD & WILKO JOHNSON FAN SITE
BRITISH BEAT CLASSIC
ルーツ系ブルース、R&B、ロックンロールガイド

人気アルバム・ランキング(休止中)
ALBUM OF THE MONTH
年間人気アルバム(休止中)
ALBUM OF THE YEAR
無料Eブック
FREE E-BOOK
リンク集
LINKS

サイト内検索


おいらのホームページのサーバはココ。なかなか使い勝手が良くて気に入ってます。

ネットショップの作り方ガイド
BEAT-NET RECORDS for overseas

Copyright © BEAT-NET HOMEPAGE. All rights reserved.
本ページはリンク・フリーです。(バナーは下記のものをどうぞ)
BEAT-NET
|   トップページ   |   サイトマップ   |   はじめに   |   無料Eブック   |   リンク集   |   メルマガ   |   ブログ   |