BEAT-NET HOMEPAGE - 60年代ブリティッシュ・ビート〜パブロック アルバム・ガイド -
BEAT-NET TOP > ROCKPILE > SECONDS OF PLEASURE

SECONDS OF PLEASURE / ROCKPILE
セカンズ・オブ・プレジャー / ロックパイル

パブロック界幻のスーパー・バンド、ロックパイルが残した唯一のアルバム。
派手さは無いけれど、ツボつきまくりの絶品サウンドっす!


SECONDS OF PLEASURE SECONDS OF PLEASURE

オススメ度:★★★★★
オリジナル・リリース:1980年

いやぁ、わかってるねぇ君達。
...とおいらが言うのもアレだが、とにかく素晴らしすぎ。
音楽というにふさわしく、ミュージシャン自身がプレイする事を楽しみ、
また聴き手もそれを最高に楽しめるのだ。
純粋にロックが大好きというのが伝わってくるこのアルバム。
リード・ヴォーカルもドラムのテリー以外3人でそれぞれとっていて、
またみんないい味だしてるんだなぁ...

カバー曲もセンスいいし、オリジナル(デイヴ&ニックが中心)もまたいい。
シンプルかつポップ、かつパワフルでもある。
派手さはないけど、いやぁホントにお見事。
いざ自分で演ってみると、このテのってハリがつけにくくポップになりすぎてダサくなり、
なんかうまくいかないんだよね。これこそ職人芸!

デイヴやニックそれぞれのソロ作にも、メンバーが集まってそれっぽいけれど、やはりそこはソロ作。
ロックパイルというバンドとしては、このアルバムが1番だね。
見事にお互いの長所がバッチりとかみ合ってるのだ。

[1]はあのクリエイションの名コンビ、ピケット/フィリップスの作品。
(たしかエディー・フィリップスのソロに収録されていたような...)
[11]はドクター・フィールグッドに没にされたとか。なんと贅沢。
しかし、この中に捨て曲は1曲もない。

また[13]〜[16]は当時、英国盤でEPでついていたものをボーナス・トラックで収録。
エヴァリー・ブラザーズのナンバーを、ニック、デイヴの二人で愛情豊かにカバー。
これがまたすばらしい!

このアルバム発表後、まもなくロックパイルは解散してしまう。
デイヴは遊びのつもりだったのにニックがマジになったとか、
ニック・ロウの方がデイヴより人気が出てしまったことが原因といわれているらしいが...

US盤のCDでは、さらにボーナス・トラックで、BBCライヴの[17],[18]と、
カンボジア難民救済コンサートより[19]を収録。
内容はもちろん素晴らしいが、いくらなんでも量が少なすぎで中途半端。
きちんとまとまったライヴ音源を是非ヨロシク!

◆オススメCDチェック◆
SECONDS OF PLEASURE
Seconds of Pleasure (Exp)  [Sony]
*Amazon価格:SOLD OUT / 新品最安値¥ 13,777 / 中古最安値:¥ 3,634
[輸入盤] ボーナス・トラックの多いこちらがオススメ!
>> Amazonで詳細を見る!

SECONDS OF PLEASURE
Seconds of Pleasure  [Demon]
*Amazon価格:SOLD OUT / 新品最安値:出品無 / 中古最安値:¥ 3,800
[輸入盤] こちらのジャケも捨て難いケド・・・
>> Amazonで詳細を見る!



オンライン中古CDショップ【BEAT-NET RECORDS】
ROCKPILE(ロックパイル)のページはコチラ


SECONDS OF PLEASURE / ROCKPILE
SECONDS OF PLEASURE
UK仕様
[1] Teacher Teacher
[2] If Sugar Was As Sweet As You
[3] Heart
[4] Now And Always
[5] Knife And Fork
[6] Play That Fast Thing (One More Time)
[7] Wrong Way
[8] Pet You And Hold You
[9] Oh What A Thrill
[10] When I Write The Book
[11] Fool Too Long
[12] (You Ain't Nothin' But) Fine Fine Fine

BONUS TRACKS:
[13] Take A Message To Mary
[14] Crying In The Rain
[15] Poor Jenny
[16] When Will I Be Loved?

SECONDS OF PLEASURE
US仕様
EXPANDED BONUS TRACKS:
[17] Back To Scooldays (Live)
[18] They Called It Rock (Live)
[19] Crawling From The Wreckage(Live)

CREDIT
Tracks [1]-[12]: Produced by Nick Lowe & Rockpile
Tracks [13]-[16]: Produced by Nick Lowe & Dave Edmunds
Billy Bremner: Guitar, Vocals
Dave Edmunds: Guitar, Vocals, Piano, Organ
Nick Lowe: Bass, Vocals
Terry Williams: Drums, Drums, Drums


BEAT-NET

BEAT-NET RECORDS
60年代ブリティッシュ・ビート〜パブロック中心中古CDショップ
BEAT-NET RECORDS




メールマガジン

メルマガ「ビートルズ、ローリング・ストーンズの次はコレ聴け!」。
ブリティッシュ・ビート、パブロック関連の話題を発信中。購読は無料です。
詳細はこちら!

メニュー
トップ・ページ
HOME
はじめに
INTRODUCTION
オススメ・アルバム
RECOMENDED ALBUMS
音楽関係お気に入り本
MY FAVORITE BOOKS
管理人について
PROFILE
メール・マガジン
バックナンバー
MELMAGA
ブログ
BRITISH ROCK'S BROG
60年代モッズ・ガイド
60's MODS!
パブ・ロック・ガイド
70's PUB ROCK!
ドクター・フィールグッド&ウィルコ・ジョンソン ファン・サイト
DR. FEELGOOD & WILKO JOHNSON FAN SITE
BRITISH BEAT CLASSIC
ルーツ系ブルース、R&B、ロックンロールガイド

人気アルバム・ランキング(休止中)
ALBUM OF THE MONTH
年間人気アルバム(休止中)
ALBUM OF THE YEAR
無料Eブック
FREE E-BOOK
リンク集
LINKS

サイト内検索


おいらのホームページのサーバはココ。なかなか使い勝手が良くて気に入ってます。

ネットショップの作り方ガイド
BEAT-NET RECORDS for overseas

Copyright © BEAT-NET HOMEPAGE. All rights reserved.
本ページはリンク・フリーです。(バナーは下記のものをどうぞ)
BEAT-NET
|   トップページ   |   サイトマップ   |   はじめに   |   無料Eブック   |   リンク集   |   メルマガ   |   ブログ   |