BEAT-NET HOMEPAGE - 60年代ブリティッシュ・ビート〜パブロック アルバム・ガイド -
BEAT-NET TOP > THE KINKS > FACE TO FACE

FACE TO FACE / THE KINKS
フェイス・トゥ・フェイス / ザ・キンクス

ビート・ナンバーが減り、フォーキーな曲が多くなったアルバム。
元々はトータル・アルバムとして製作されていたとか。

FACE TO FACE

オススメ度:★★★★
オリジナル・リリース:1966年10月

ジャケットがなんともいえない雰囲気がいい感じですが、
このアルバムから一気にビート・ナンバーが減っちゃいました。
そのかわりにフォーク調の曲が増え、サイケな匂いもほんのりと漂います。
そしてレイの詞の内容が、変化(してるらしい・・・)。

思わず、クスッとなるような感じは英語が母国語でないおいらにはよく伝わらないが、
訳詞を読むとなかなかおもしろい。
しかし、細かいニュアンスがわからない為ちょっとくやしい。

電話のベルが入る[1]、雷が入る[6]、波の音で始まる[8]などの
効果音が挿入されてますが、
元々はトータル・アルバム的なものとして、
全体的につながりのあるものを目指していたんだとか。

しかし先にシングルとして出した[13]が全英No1とヒットしちゃったんで、
おウエから発売をせかされて、残念ながら未完。

そのせいかどうかは知らないけれどサウンドは荒っぽい。
・・・が、そこはキンクス、いい曲が散らばっているのだ。
[4]とか[9]とか[14]とか地味目だけど好きだなぁ。

いい曲はやっぱりみんなカバーしたいもの。
[3](これはイマイチ?)はハーマンズ・ハーミッツ。
[7](これはヤラセられたとか?)はプリティ・シングスなど、
同世代のバンドからカバーされていて[3]はヒットしたとか。
キンクス自身も前述のとおり[13]でヒットさせているが、
この辺りが人気のピークかも。


ところでボーナス・トラックに入ってる[15]《 I'm Not Like Everybody Else 》が、
IBMのCMに使われてましたね。
「僕はウヌボレ屋」という邦題のスゴイが、
デイヴのナンバーをセレクトするIBMもタダモノではないと思う。

そのデイヴが歌う[20]がこれまで未発表曲だったものの、
なかなかの曲っす。

◆オススメCDチェック◆
フェイス・トゥ・フェイス

[日本盤紙ジャケ] 日本盤の紙ジャケ仕様です!
>> Amazonで詳細を見る!

フェイス・トゥ・フェイス
フェイス・トゥ・フェイス+7  [BMG JAPAN]
*Amazon価格:¥ 3,350 / 新品最安値¥ 3,000 / 中古最安値:¥ 979
[日本盤] 日本盤が好きな方はこちらを!
>> Amazonで詳細を見る!

FACE TO FACE
Face to Face  [Sanctuary UK]
*Amazon価格:¥ 1,351 / 新品最安値¥ 617 / 中古最安値:¥ 512
[輸入盤] 輸入盤が好きという方は!
>> Amazonで詳細を見る!


オンライン中古CDショップ【BEAT-NET RECORDS】
THE KINKS(キンクス)のページはコチラ


FACE TO FACE / THE KINKS
FACE TO FACE / THE KINKS
[1] Party Line
[2] Rosy Won't You Please Come Home
[3] Dandy
[4] Too Much On My Mind
[5] Session Man
[6] Rainy Day In June
[7] House In The Country
[8] Holiday In Waikiki
[9] Most Exclusive Residence For Sale
[10] Fancy
[11] Little Miss Queen Of Darkness
[12] You're Lookin' Fine
[13] Sunny Afternoon
[14] I'll Remember

BONUS TRACKS:
[15] I'm Not Like Everybody Else
[16] Dead End Street
[17] Big Black Smoke
[18] Mister Pleasant
[19] This Is Where I Belong
[20] Mr. Reporter (Previously Unreleased EP Track)
[21] Little Woman (Previously Unreleased Backing Track)


CREDIT:
Produced by Shel Talmy
Ray Davies: Vocals, Guitar
Dave Davies: Vocals, Guitar
Pete Quaife: Bass, Backing Vocals
Mick Avory: Drums

BEAT-NET
BEAT-NET RECORDS
60年代ブリティッシュ・ビート〜パブロック中心中古CDショップ
BEAT-NET RECORDS




メールマガジン

メルマガ「ビートルズ、ローリング・ストーンズの次はコレ聴け!」。
ブリティッシュ・ビート、パブロック関連の話題を発信中。購読は無料です。
詳細はこちら!

メニュー
トップ・ページ
HOME
はじめに
INTRODUCTION
オススメ・アルバム
RECOMENDED ALBUMS
音楽関係お気に入り本
MY FAVORITE BOOKS
管理人について
PROFILE
メール・マガジン
バックナンバー
MELMAGA
ブログ
BRITISH ROCK'S BROG
60年代モッズ・ガイド
60's MODS!
パブ・ロック・ガイド
70's PUB ROCK!
ドクター・フィールグッド&ウィルコ・ジョンソン ファン・サイト
DR. FEELGOOD & WILKO JOHNSON FAN SITE
BRITISH BEAT CLASSIC
ルーツ系ブルース、R&B、ロックンロールガイド

人気アルバム・ランキング(休止中)
ALBUM OF THE MONTH
年間人気アルバム(休止中)
ALBUM OF THE YEAR
無料Eブック
FREE E-BOOK
リンク集
LINKS

サイト内検索


おいらのホームページのサーバはココ。なかなか使い勝手が良くて気に入ってます。

ネットショップの作り方ガイド
BEAT-NET RECORDS for overseas

Copyright © BEAT-NET HOMEPAGE. All rights reserved.
本ページはリンク・フリーです。(バナーは下記のものをどうぞ)
BEAT-NET