BEAT-NET HOMEPAGE - 60年代ブリティッシュ・ビート〜パブロック アルバム・ガイド -

BEAT-NET TOP > JOHN MAYALL > JOHN MAYALL PLAYS JOHN MAYALL

JOHN MAYALL PLAYS JOHN MAYALL - RECORDED LIVE AT KLOOKS KLEEK! / JOHN MAYALL AND THE BLUESBREAKERS
ジョン・メイオール・プレイズ・ジョン・メイオール / ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ

モッズ・クラブであるクルックス・クリークでのライヴ。
意外やタイトでカッコいーブリティッシュR&Bが全開!

JOHN MAYALL PLAYS JOHN MAYALL - RECORDED LIVE AT KLOOKS KLEEK! / JOHN MAYALL AND THE BLUESBREAKERS

オススメ度:★★★★☆
オリジナル・リリース:1965年


これはカッコいー!
ジョン・メイオールのファースト・アルバムであるこれ、
『 JOHN MAYALL PLAYS JOHN MAYALL 』。

タイトルからして、ちょっとヒネくれていますが、
サブ・タイトルは、
『 RECORDED LIVE AT KLOOKS KLEEK! 』

そう、モッズ・クラブであるクルックス・クリークでの1964年のライヴ盤で、
まさにモッズ的なブリティッシュR&B全開でなんともカッコよいのです。

ジョン・メイオール&ザ・ブルース・ブレイカーズといえば、
エリック・クラプトン参加の大有名盤、
『 BLUES BREAKERS JOHN MAYALL WITH ERIC CLAPTON 』
でのオーティス・ラッシュ、フレディー・キングら本場ブルースを
見事にコピったアルバムの印象で元祖ブルース・ロックのイメージが一般的。

しかしファーストであるこのライヴ盤は、
ブルース・ハープがブロウしまくり、
アップテンポでタイトなR&Bビート・ナンバーが中心。

R&B Timeとクレジットされた《 Night Train / Lucille 》なんていう、
粋なモッド・メドレーがあったりします。

《 Night Train 》はファンク大魔王ジェームス・ブラウンで有名な
グルーヴィーなインスト・ナンバー。

《 Lucille 》はシャウト大魔王リトル・リチャードがオリジナルですが、
キンクスの《 Long Toll Sally 》ちっくにフニャっとカマしてもくれます。

全体的にはブルース・ロックというよりクラブ系モッズ・サウンド。
クラプトン在籍時ヤードバーズのライヴ盤
『 FIVE LIVE YARDBIRDS 』あたりに雰囲気がかなり近いっすね。

ブルース調の曲のR&Bビート的な解釈は、
そのままドクター・フィールグッドのライヴ盤
『 STUPIDITY 』にもつながりそう。

ちなみにこのライヴでのギターリストはロジャー・ディーン。
ちょい知名度は低いながらも、なかなかのギターを聴かせてくれますが、
無念にもクラプトンをゲットの際、クビに・・・

このアルバムのポイントが高いのは、
先のメドレーを除く曲がジョン・メイオールのオリジナル曲だということ。
正直、曲のレベルがズバ抜けているわけではないですが、
1964年の時点で自作曲で勝負できたアーティストは少ないでしょう。

サスガ先生!

ジョン・メイオールのあのモゴネバフニャ・ヴォーカルが嫌いじゃなければ、
モッズ・ビート派には、かなりオススメのライヴ盤です。


◆オススメCDチェック◆
JOHN MAYALL PLAYS JOHN MAYALL - RECORDED LIVE AT KLOOKS KLEEK! / JOHN MAYALL AND THE BLUESBREAKERS
Plays John Mayall: Live at the Klocks Kleek  [Universal I.S.]
*Amazon価格:¥ 480 / 新品最安値¥ 480 / 中古最安値:¥ 950
[輸入盤] ボーナス・トラックに収録されたシングル曲も良い!
>> Amazonで詳細を見る!

JOHN MAYALL PLAYS JOHN MAYALL - RECORDED LIVE AT KLOOKS KLEEK! / JOHN MAYALL AND THE BLUESBREAKERS

[国内盤] 紙ジャケット仕様の国内盤!!
>> Amazonで詳細を見る!


オンライン中古CDショップ【BEAT-NET RECORDS】
JOHN MAYALL(ジョン・メイオール)のページはコチラ


Tracks

JOHN MAYALL PLAYS JOHN MAYALL - RECORDED LIVE AT KLOOKS KLEEK! / JOHN MAYALL AND THE BLUESBREAKERS
JOHN MAYALL PLAYS JOHN MAYALL - RECORDED LIVE AT KLOOKS KLEEK! / JOHN MAYALL AND THE BLUESBREAKERS

[1] Crawling Up A Hill
[2] I Wanna Teach You Everything
[3] When I'm Gone
[4] I Need Your Love
[5] The Hoot Owl
[6] R&B Time: Night Train / Lucille
[7] Crocodile Walk
[8] What's The Matter With You
[9] Doreen
[10] Runaway
[11] Heartache
[12] Chicago Line

BONUS TRACKS:
[13] Crawling Up A Hill
[14] Mr. James
[15] Crocodile Walk
[16] Blues City Shakedown
[17] My Baby Is Sweeter

 

BEAT-NET RECORDS
60年代ブリティッシュ・ビート〜パブロック中心中古CDショップ
BEAT-NET RECORDS




メールマガジン

メルマガ「ビートルズ、ローリング・ストーンズの次はコレ聴け!」。
ブリティッシュ・ビート、パブロック関連の話題を発信中。購読は無料です。
詳細はこちら!

メニュー
トップ・ページ
HOME
はじめに
INTRODUCTION
オススメ・アルバム
RECOMENDED ALBUMS
音楽関係お気に入り本
MY FAVORITE BOOKS
管理人について
PROFILE
メール・マガジン
バックナンバー
MELMAGA
ブログ
BRITISH ROCK'S BROG
60年代モッズ・ガイド
60's MODS!
パブ・ロック・ガイド
70's PUB ROCK!
ドクター・フィールグッド&ウィルコ・ジョンソン ファン・サイト
DR. FEELGOOD & WILKO JOHNSON FAN SITE
BRITISH BEAT CLASSIC
ルーツ系ブルース、R&B、ロックンロールガイド

人気アルバム・ランキング(休止中)
ALBUM OF THE MONTH
年間人気アルバム(休止中)
ALBUM OF THE YEAR
無料Eブック
FREE E-BOOK
リンク集
LINKS

サイト内検索


おいらのホームページのサーバはココ。なかなか使い勝手が良くて気に入ってます。

ネットショップの作り方ガイド
BEAT-NET RECORDS for overseas

Copyright © BEAT-NET HOMEPAGE. All rights reserved.
本ページはリンク・フリーです。(バナーは下記のものをどうぞ)
BEAT-NET