BEAT-NET HOMEPAGE - 60年代ブリティッシュ・ビート〜パブロック アルバム・ガイド -
BEAT-NET TOP > THE BEATLES > A HARD DAY'S NIGHT

A HARD DAY'S NIGHT / THE BEATLES
ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ! / ザ・ビートルズ

おいらが洋楽ロックにハマるきっかけとなったアルバム。
文句無し、ビートルズ初期の最高傑作!!


A HARD DAY'S NIGHT / THE BEATLES

オススメ度:★★★★★
オリジナル・リリース:1964年7月

このアルバムはおいらの洋楽ロックの原点です。

今から数十年前、Sに聴かされたビートルズ・レコード全集。
当時のおいらは、邦楽ロック少年。

佐野元春、アルフィーなんてトコを聴いておりました。
「元春レイディオ・ショー」なるFM番組でビートルズなんて名前を知り、
興味を持ち、Sから借りた記憶がありますが、
それをファースト・アルバム『 PLEASE PLEASE ME 』から順番に聴いていきました。

ビートルズ現役世代ではないんで『 MEET THE BEATLES 』では、ありません。

『 PAST MASTERS 』なんてモノはありませんでしたが、
オリジナル・アルバムのフォーマットは今のCDと同じだったかと・・・

1枚目『 PLEASE PLEASE ME 』はちょっと古めな感じでオールディーズだなぁ・・・と。
2枚目『 WITH THE BEATLES 』はちょっと渋め、あまり聴いた事ない曲が多いなぁ・・・と。

・・・で、3枚目『 A HARD DAY'S NIGHT 』。
「ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」なんて響きは
おいらには親しみはありません。
ズバリ「ア・ハード・デイズ・ナイト」です。

ガツンときましたねぇ。
初っ端のギター・イントロ「ギャーーーン」♪♪♪
カッコよかったっす。

[1],[2],[3],[12],[13]なんて曲をバンドでコピーして演っていた記憶があるから、
当初からジョンの曲が好きだったみたい。
誰が作った曲かなんて、そんな事はもちろん意識していないハズですが・・・

なにしろ[12]《 You Can't Do That 》がお気に入りで、
あのギター・リフがなにしろカッコいー。
そして、サビのコーラスを練習してなんとかハモろうとしたもんです。

その当時は、ジョン役とかポール役なんて事は気にせずに、
できそうなヤツができそうな部分を歌うとかいう感じでしたね。

後にギターリストとしてジョージ役に定着、
リッケン12弦買いましたが、[1]のギター・ソロはうまく弾けなかったです。
ジョージのコーラス・パートも難しかった。

カントリー調のギターがあまり好きでなかった事や、
R&B系の曲が好きだったこともあり、
その後はビートルズ一色にハマることなく、
リッケン12弦は《 I Can't Explain 》用となりました。
(もちろんザ・フーの曲、バンドは次第にモッズ・バンドへと・・・)


・・・という事で思い入れたっぷり、
大好きなアルバムなのでございます。

冷静に聴いても、ジョンの曲を中心としたいい曲満載。
ビートルズ初期の最高傑作アルバムだと思います。

おいらは、すべてがこのアルバムを基点に、
時にはローリング・ストーンズ、ザ・フーへと横にたどり、
時にはチャック・ベリー、ボー・ディドリーへと縦へとたどり、
今に至るまで、その趣味はほとんど変わっておりません。

◆オススメCDチェック◆
A HARD DAY'S NIGHT / THE BEATLES

[日本盤] 歌詞と対訳の付いた日本盤がオススメです。
>> Amazonで詳細を見る!

A HARD DAY'S NIGHT / THE BEATLES

[輸入盤] US盤はコチラ!
>> Amazonで詳細を見る!



オンライン中古CDショップ【BEAT-NET RECORDS】
THE BEATLES(ザ・ビートルズ)のページはコチラ


A HARD DAY'S NIGHT / THE BEATLES
A HARD DAY'S NIGHT / THE BEATLES
[1] A Hard Day's Night
[2] I Should Have Known Better
[3] If I Fell
[4] I'm Happy Just To Dance With You
[5] And I Love Her
[6] Tell Me Why
[7] Can't Buy Me Love
[8] Any Time At All
[9] I'll Cry Instead
[10] Things We Said Today
[11] When I Get Home
[12] You Can't Do That
[13] I'll Be Back

CREDIT
Produced by George Martin
John Lennen: Vocal, Rhythm Guitar
George Harrison: Vocal, Lead Guitar
Paul McCartney: Vocal, Bass
Ringo Starr: Vocal, Drums


BEAT-NET

BEAT-NET RECORDS
60年代ブリティッシュ・ビート〜パブロック中心中古CDショップ
BEAT-NET RECORDS




メールマガジン

メルマガ「ビートルズ、ローリング・ストーンズの次はコレ聴け!」。
ブリティッシュ・ビート、パブロック関連の話題を発信中。購読は無料です。
詳細はこちら!

メニュー
トップ・ページ
HOME
はじめに
INTRODUCTION
オススメ・アルバム
RECOMENDED ALBUMS
音楽関係お気に入り本
MY FAVORITE BOOKS
管理人について
PROFILE
メール・マガジン
バックナンバー
MELMAGA
ブログ
BRITISH ROCK'S BROG
60年代モッズ・ガイド
60's MODS!
パブ・ロック・ガイド
70's PUB ROCK!
ドクター・フィールグッド&ウィルコ・ジョンソン ファン・サイト
DR. FEELGOOD & WILKO JOHNSON FAN SITE
BRITISH BEAT CLASSIC
ルーツ系ブルース、R&B、ロックンロールガイド

人気アルバム・ランキング(休止中)
ALBUM OF THE MONTH
年間人気アルバム(休止中)
ALBUM OF THE YEAR
無料Eブック
FREE E-BOOK
リンク集
LINKS

サイト内検索


おいらのホームページのサーバはココ。なかなか使い勝手が良くて気に入ってます。

ネットショップの作り方ガイド
BEAT-NET RECORDS for overseas

Copyright © BEAT-NET HOMEPAGE. All rights reserved.
本ページはリンク・フリーです。(バナーは下記のものをどうぞ)
BEAT-NET
|   トップページ   |   サイトマップ   |   はじめに   |   無料Eブック   |   リンク集   |   メルマガ   |   ブログ   |