CALL IT WHAT YOU WANT / WILKO JOHNSON - ウィルコ・ジョンソン・ガイド (WILKO JOHNSON) by BEAT-NET 
BEAT-NET  |  DR. FEELGOOD  |  WILKO JOHNSON  |  PUB ROCK  |  60's MODS  |  お問合せ
BEAT-NET HOMEPAGE - 60年代ブリティッシュ・ビート~パブロック アルバム・ガイド -

BEAT-NET TOP > WILKO JOHNSON > CALL IT WHAT YOU WANT

CALL IT WHAT YOU WANT / WILKO JOHNSON
コール・イット・ホワット・ユー・ウォント / ウィルコ・ジョンソン

ウィルコ・ジョンソン、ソロ時代初期の編集盤。
ジャケットがカッチョいー!

CALL IT WHAT YOU WANT

オススメ度:★★★★


「Pull The Cover」、「Watch Out!」、アルバム未収録曲、
そして未発表ライヴなどで構成された、
ウイルコ本人とスティーヴ・フッカーによる編集盤である。
前半にはライヴも収録されていて、一種のベスト的にも聴ける。

ライヴ音源は[1]~[8]の8曲。
「Watch Out!」と同じ日の演奏でしょう。[4],[7],[8]がここで初登場だ。
ノーマン、サヴによる強力な黄金のリズム隊は、ウィルコに最高にマッチ。
一気にたたみかける様に突き進んで、ハッキリ言ってカッチョいー!
まさに本領発揮で、客と一体となった盛り上がりがさすがっす。

[9]~[16]の後半部分はスタジオ録音。
こちらはチープな録音が少々悲しい。
勢いもまぁまぁといったところ。
[13]は「SOLID SENDERS」のとは違うバージョン。このヴォーカルって誰?
[16]はタイトルが違うが「PULL THE COVER」の「My Babe」と同じ曲。

おなじみの赤いピックガードにブラックのテレキャクターが立てかけられた
シンプルなジャケットがなんともいえず、とてもグーです。
なんでもピックを使わず、指で激しくカッティングするためギターに血が飛ぶらしく、
ピックガードを塗っちゃったとか・・・

◆オススメCDチェック◆
CALL IT WHAT YOU WANT
[輸入盤] 日本盤は出ていません。
>> Amazonで詳細を見る!


オンライン中古CDショップ【BEAT-NET RECORDS】
WILKO JOHNSON(ウィルコ・ジョンソン)のページはコチラ


Tracks

CALL IT WHAT YOU WANT
CALL IT WHAT YOU WANT / WILKO JOHNSON / WILKO JOHNSON

LIVE SIDE:
[1] Looked Out My Window
[2] Dr. Dupree
[3] Ice On The Motortway
[4] Wooly Bully
[5] Muskrat
[6] Sneaking Suspicion
[7] Back In The Night
[8] Bottle Up And Go

STUDIO SIDE:
[9] Messing The Kid
[10] Casting My Spell
[11] Think
[12] Some Other Guy
[13] Everybody's Carring A Gun
[14] Ecstasy
[15] I Wanna Be Your Lover
[16] My Baby Your Baby


CREDIT:
Live side:
Wilko Johnson: Guitar, Vocals
Norman Watt-Roy: Bass, Vocals
Salvatore Ramundo: Drums

Studio side:
Wilko Johnson: Guitar, Vocals
Russ Strutter: Bass
Buzz Barwell: Drums
Alan Bines: Drums
Slim: Piano

 



Copyright © BEAT-NET HOMEPAGE. All rights reserved.
本ページはリンク・フリーです。(バナーは下記のものをどうぞ)
BEAT-NET