ROCKIN' THE GARAGE / THE PRETTY THINGS 'N MATES - ザ・プリティ・シングス・ガイド (THE PRETTY THINGS) by BEAT-NET 
BEAT-NET  |  DR. FEELGOOD  |  WILKO JOHNSON  |  PUB ROCK  |  60's MODS  |  お問合せ
BEAT-NET HOMEPAGE - 60年代ブリティッシュ・ビート~パブロック アルバム・ガイド -

BEAT-NET TOP > THE PRETTY THINGS > ROCKIN' THE GARAGE

ROCKIN' THE GARAGE / THE PRETTY THINGS 'N MATES

なんとプリティ・シングスとインメイツが合体!
そして内容はUSガレージ・バンドのトリビュート作。

ROCKIN' THE GARAGE / THE PRETTY THINGS 'N MATES

オススメ度:★★★☆
オリジナル・リリース:1992年


あのプリティ・シングスがヤードバーズとの合体に続いて
なんとパブロック・バンドのインメイツと組んだアルバムがある。

その名も
THE PRETTY THINGS 'N MATES

プリティー・シングスからはフィル・メイ(ヴォーカル)とディック・テイラー(ギター)、
そしてプロコル・ハルムのマシュー・フィッシャー(キーボード)が参加し、
インメイツの方はリズム隊のみのメンバーで
トニー・オリバー(ギター)、ベン・ドネリー(ベース)、エディ(ドラム)と微妙なトコ。

残念ながらフィル・メイとビル・ハーレイのダブル・ヴォーカルというのはありません。

また、Associate Producerとして
パブロッカー番人のスティーヴ・フッカーと
ダウンライナーズ・セクトのドン・クレインがクレジットされてます。


内容は、なんとUSガレージ・バンドのトリビュートで、
元祖ガレージ・バンドのプリティ・シングスが
USガレージ・バンドの有名曲をストレートにカバーしたものだ。

ちなみに、このアルバムは
以前『 A WHITER SHADE OF DIRTY WATER 』というタイトルで出ていたものと
恐らく同一ですが、そちらはおいらは未聴。

まずはUSガレージのキング、ソニックスの2連発。

1曲目、ザラッとしたギター・リフではじまり、
うーん、いい感じ・・・と思いきや・・・

途中の滑らかなギター・ソロにはおおいに違和感。
誰だこりゃぁ!?

さらに2曲目も
後に同曲をカバーしたヘッドコート・セクツの方が
断然によい出来。

ソニックスの狂気は無理にしても、
どうもガレージらしい荒さに欠けていて、
シンプルなロック・サウンドが、どうもイマイチ。

他のカバーも同様に悪くは無いけれど、
もうひとつ熱さが足りない。


話題的におもしろいのがボーナス曲扱いの10曲目。
曲は《 I'm A Man 》。

とにかくゲストのメンバーがスペシャル。
ギターにクリエイションのエディ・フィリップスを大フィーチャー。

さらにダウンライナーズ・セクトのドン・クレインとキース・グラント、
そしてヤードバーズのジム・マッカーティが参加。

アレンジは好みではないが
こちらの演奏は勢いがありパワフルで出来がよい。


アルバムの最後はプリティ・シングス自身の曲で
インメイツもカバーしてた《 Midnite To Six 》でシメてます。

◆オススメCDチェック◆
ROCKIN' THE GARAGE / THE PRETTY THINGS 'N MATES
[輸入盤] 輸入盤はこちら!
>> Amazonで詳細を見る!


オンライン中古CDショップ【BEAT-NET RECORDS】
THE PRETTY THINGS(プリティ・シングス)のページはコチラ


Tracks

ROCKIN' THE GARAGE / THE PRETTY THINGS 'N MATES
ROCKIN' THE GARAGE / THE PRETTY THINGS 'N MATES

[1] He's Waitin'
[2] Strychnine
[3] Pushing Too Hard
[4] Kicks
[5] Candy
[6] Louie Louie
[7] 96 Tears
[8] Let's Talk About Girls
[9] Sometimes Good Guys Don't Wear White
[10] I'm A Man
[11] Red River Rock
[12] Midnight To 6 Man

 



Copyright © BEAT-NET HOMEPAGE. All rights reserved.
本ページはリンク・フリーです。(バナーは下記のものをどうぞ)
BEAT-NET