1991 CHICAGO BLUES TAPES! - ザ・プリティ・シングス・ガイド (THE PRETTY THINGS) by BEAT-NET 
BEAT-NET  |  DR. FEELGOOD  |  WILKO JOHNSON  |  PUB ROCK  |  60's MODS  |  お問合せ
BEAT-NET HOMEPAGE - 60年代ブリティッシュ・ビート~パブロック アルバム・ガイド -

BEAT-NET TOP > THE PRETTY THINGS > 1991 CHICAGO BLUES TAPES!

1991 CHICAGO BLUES TAPES! / PRETTY THINGS YARDBIRD BLUES BAND

プリティ・シングスとヤードバーズの合体ブルース・バンド。
なんともパブロッキンで気持ちよいアルバムなのだ。

1991 CHICAGO BLUES TAPES! / PRETTY THINGS YARDBIRD BLUES BAND

オススメ度:★★★★☆
オリジナル・リリース:1991年


これはプリティ・シングスのなんともパブロックなアルバムなのだ。

正確にはプリティ・シングス・ヤードバード・ブルース・バンド。

プリティ・シングスのフィル・メイとディック・テイラー、
そしてヤードバーズのドラマーであるジム・マッカーティーが
1991年にシカゴでキャンド・ヒートのメンバーや
地元のミュージシャンと行ったセッション・アルバムだ。

プロデューサをつとめているGergePaulusが
フィル・メイにコンタクトをとって実現したレコーディングらしい。

全てがブルース、R&Bのカバーで
あの元祖ガレージ・バンド、プリティ・シングスの中心人物二人がからんでいるが
ダーティな暗黒サウンドではない。

パブロッキンでシンプルなここちよいサウンドである。

初期プリティ・シングスの荒っぽさや
ヤードバーズのスピード感をイメージすると期待ハズれかもしれないが
これはこれでなんともいい感じで、おいらは好きなアルバムだ。

ディック・テイラーの軽快なギター・カッティングで始まる
ボ・ディドリーのカバー1曲目など
パイント・グラス片手に聴くのが実にフィット。

そして、この曲でのディック・テイラーのギター・カッティングやフレーズが
どうにもソロ時代のウィルコ・ジョンソンを思い出させてくれる。

そのディック・テイラーのギターに
フィル・メイの渋味の入ったシャウトが入ってくる。

ローリング・ストーンズで有名な《 Time Is On My Side 》なんてカバーもあり。

パブロックなR&Bが好きならオススメな1枚です。

◆オススメCDチェック◆
1991 CHICAGO BLUES TAPES! / PRETTY THINGS YARDBIRD BLUES BAND
[輸入盤] 輸入盤はこちら!
>> Amazonで詳細を見る!


オンライン中古CDショップ【BEAT-NET RECORDS】
THE PRETTY THINGS(プリティ・シングス)のページはコチラ


Tracks

1991 CHICAGO BLUES TAPES! / PRETTY THINGS YARDBIRD BLUES BAND
1991 CHICAGO BLUES TAPES! / PRETTY THINGS YARDBIRD BLUES BAND

[1] You Can't Judge The Book
[2] Down In The Bottom
[3] Hush Hush
[4] Can't Hold Out
[5] Spoonful
[6] She Fooled Me
[7] Time Is On My Side
[8] Scratch My Back
[9] Long Tall Shorty
[10] Diddley Daddy
[11] Ain't Got You
[12] Caress Me Baby
[13] Here's My Picture
[14] Chain Of Fools
[15] Don't Start Cryin' Now

 



Copyright © BEAT-NET HOMEPAGE. All rights reserved.
本ページはリンク・フリーです。(バナーは下記のものをどうぞ)
BEAT-NET