JUPPANESE - ミッキー・ジャップ・ガイド (MICKEY JUPP) by BEAT-NET 
BEAT-NET  |  DR. FEELGOOD  |  WILKO JOHNSON  |  PUB ROCK  |  60's MODS  |  お問合せ
BEAT-NET HOMEPAGE - 60年代ブリティッシュ・ビート~パブロック アルバム・ガイド -

BEAT-NET TOP > MICKEY JUPP > JUPPANESE

JUPPANESE / MICKEY JUPP
ジャッパニーズ / ミッキー・ジャップ

バッキングにあのロックパイルが参加!
ミッキー・ジャップのソロ最高傑作。

JUPPANESE

オススメ度:★★★★☆
オリジナル・リリース:1978年10月


アルバム・タイトルはジャッパニーズ。
自分の名と日本(ジャパン)をひっかけたギャグのつもりだろうが、
なぜかジャケには中華風アジアン料理を前に本人つり目で、大陸の方と勘違い・・・

さらに、聴けばニュー・オーリンズ・ビートからスタートするこのアルバム。
初ソロ・アルバムにして・・・さすがのミッキー・ジャップである。

LPではA面となる[1]~[7]では、ニック・ロウがプロデュースし、
バッキングには、なんとあのロックパイル。
パブ・ロック界のスーパー・スター集結に夢膨らむも、
ミッキーに気をつかいすぎたか、全体的に少々押さえ気味。
主役をたてた仕上がりである。

しかしそこはやはりロックパイル。
さすがのツボ・プレイでポイントはキチンとクリア。

・・・にもかかわらず、ミッキーのご機嫌をそこねてニックは解雇。
どうも次作に収録されることとなる《 Switchboard Susan 》が気に入らなかったらしい。
たかがプロデューサーが・・・と、さすがのミッキー・ジャップである。

しかしせっかく収録したロックパイルの《 Switchboard Susan 》のバッキング・トラックを利用して、
自らのアルバム『 LABOUR OF LUST 』に
自身のヴォーカルを入れて収録したニック・ロウ。
こちらもサスガである。

絶妙にパブロッキンなサウンドはサスガといったところか。
しっとりとした意外性のある曲調でアコースティック仕上げの枯れた[4]がハナマル。

さてB面にあたる[8]~[12]では旧友であるゲイリー・ブルッカーに
プロデュースを引き継ぐことになる。
こちらはややアダルトな仕上がり。
[8]ではおセンチなバラードも。
こちらのバック・メンバーもツワモノ揃いで、さすがのミッキー・ジャップである。

それにしてもこのアルバムはなんともカッコイー。
地味目で派手さは無いけれど、このユルいながらもロッキンな味わい。
なかなか出せませんぜ!

パブ・ロック界の元祖ヒーロー、
やはりさすがのミッキー・ジャップなのである。

◆オススメCDチェック◆
JUPPANESE
[輸入盤] ボーナス・トラックも入ったデジパック仕様、Repertoire盤!
>> Amazonで詳細を見る!


オンライン中古CDショップ【BEAT-NET RECORDS】
MICKEY JUPP(ミッキー・ジャップ)のページはコチラ
LEGEND(レジェンド)のページはコチラ


Tracks

JUPPANESE
JUPPANESE / MICKEY JUPP

[1] Making Friends
[2] Short List
[3] Old Time Rock 'n' Roller
[4] School
[5] If Only Mother
[6] Down In Old New Orleans
[7] You'll Never Get Me Up In One Of Those
[8] Pilot
[9] S.P.Y.
[10] The Ballad Of Billy Bonney
[11] Partir C'est Mourir Un Peu
[12] Brother Doctor, Sister Nurse

BONUS TRACKS:
[13] Don't Talk To Me
[14] Junk In My Trunk
[15] Nature's Radio
[16] You Made A Fool Out Of Me
[17] Be Stiff

 



Copyright © BEAT-NET HOMEPAGE. All rights reserved.
本ページはリンク・フリーです。(バナーは下記のものをどうぞ)
BEAT-NET