BOOGIE ON THE STREET AGAIN! - ルー・ルイス・ガイド (LEW LEWIS) by BEAT-NET 
BEAT-NET  |  DR. FEELGOOD  |  WILKO JOHNSON  |  PUB ROCK  |  60's MODS  |  お問合せ
BEAT-NET HOMEPAGE - 60年代ブリティッシュ・ビート~パブロック アルバム・ガイド -

BEAT-NET TOP > LEW LEWIS > BOOGIE ON THE STREET AGAIN!

BOOGIE ON THE STREET AGAIN! / LEW LEWIS
ストリートのブギー野郎 / ルー・ルイス

ルー・ルイスの出所記念。
ご存知英国BBCのライヴ音源、タマラんブツ!

ストリートのブギー野郎 / ルー・ルイス BOOGIE ON THE STREET AGAIN!

オススメ度:★★★★★
オリジナル・リリース:1999年


ルー・ルイスの出所記念として出てきたすごいブツ、
ご存知英国BBCのライヴ音源である。

出所記念?
・・・文字通りです・・・
(自宅の隣にあったという郵便局にニセ拳銃で強盗に入って懲役7年。)

とにかく、これを聴けばルー・ルイスが
恐ろしく素晴らしいライヴ・パフォーマーであることが一発でわかる。

前半の[1]~[9]は、アルバム「SAVE THE WAIL」を出した頃。
定番[1]で始まり、必殺[2]とくると何度聴いてもいける。すげー・・・
続く[3]以降も勢いは持続、すさまじいスピード感。
[5]はJガイルズ・バンドのカバー。このセンスはサイコーである。
どっちかというと、オリジナル曲よりカバー曲の方がいきいきとしたパフォーマンス。

リトル・ウォーター譲りのハープだってうまい、うまい。
さすがに盗みは得意、どんなテクだってお手の物なのだ・・・おっと。

さらにここで聴ける故リック・テイラーのギターが
ガッキンコッキンでメチャクチャにカッコイーのだ。

ルーのヴォーカルよりも音がでかいぞ。
この幻のギターリストの事、誰か教えてください。

[10]からの後半はソロで始めた頃と思われる1977年のライヴ。
旧仕様盤ではへんにギターにコーラスがかかってて、
いまいちのミックスだったが、新仕様盤では改善。
荒っぽい演奏がなんともカッコよい。

しかし、よくこのアルバムが出たもんだ。
ヴィニール・ジャパン、BBCとその関係者の方々、ありがとう! 感謝、感激!

ウイルコ・ジョンソンとのセッションが収録できなかったのが残念ですが、
いつの日か復活を!
これがまた凄いんだ・・・

◆オススメCDチェック◆
ストリートのブギー野郎 / ルー・ルイス [国内盤] 当時のライヴ告知や写真などがたくさん入ったブックレットが素晴らしい!
>> Amazonで詳細を見る!

BOOGIE ON THE STREET AGAIN! [輸入盤] こちらはジャケ違いの旧仕様盤。
>> Amazonで詳細を見る!


オンライン中古CDショップ【BEAT-NET RECORDS】
LEW LEWIS(ルー・ルイス)のページはコチラ


Tracks

ストリートのブギー野郎 / ルー・ルイス
BOOGIE ON THE STREET AGAIN! / LEW LEWIS

BBC - 16 June 1979
[1] Watch Yourself
[2] Shake & Fingerpop
[3] Romance
[4] Long Grey Mare
[5] Wait
[6] Night Talk
[7] High Temparature
[8] Win Or Lose
[9] Lucky Seven

BBC - 11 June 1977
[10] Watch Yourself
[11] One Step Town
[12] Messin' With The Kid
[13] Do Just What You Want
[14] Night Talk
[15] High Temparature
[16] Out For A Lark
[17] Boogie On The Street

 



Copyright © BEAT-NET HOMEPAGE. All rights reserved.
本ページはリンク・フリーです。(バナーは下記のものをどうぞ)
BEAT-NET