BEAT-NET HOMEPAGE - 60年代ブリティッシュ・ビート〜パブロック アルバム・ガイド -
BEAT-NET TOP > THE ROLLING STONES > ROCK AND ROLL CIRCUS (映像編)

ROCK AND ROLL CIRCUS (映像編) / THE ROLLING STONES
ロックンロール・サーカス / ザ・ローリング・ストーンズ

ROCK AND ROLL CIRCUS
オススメ度:★★★★★
オリジナル・リリース:1996年10月

なぜロックン・ロールにサーカスなのかはわからないけれど、
ビートルズの『 SGT. PEPPER'S ... 』収録曲
《 Being For The Benefit Of Mr. Kite 》にサーカス風の間奏が入ったり、
あのロニー・レインがフェイセズ脱退後に結成したスリム・チャンスが
サーカスと一緒にツアーしたなんてのを聴くと、
なにかつながりがあるのかもしれないが、まぁとにかくロックンロール・サーカスである。

多分、前年に制作されたビートルズの『 MAGICAL MYSTERY TOUR 』に影響されて作ったであろう
ローリング・ストーンズ自身が制作費を出して作られた1968年のテレビ・ショー。
作成当時は未公開で、1996年に正式リリースされるまで、
長い間、伝説化していた幻の映像がこの『 ROCK AND ROLL CIRCUS 』なのだ。

これまでは、ブートのきったない映像で見てたから、
正式発売された時にはマジでビックらこいたな。

ミックが、自分のパフォーマンスがイマイチだからとか、
フーが凄すぎてストーンズの演奏が盛り上がらなかったとか、
収録が延び延びになっちゃって客が帰っちゃったとか、
・・・の理由で封印されていたらしい。

たしかにフーのプレイはすさまじいが、
主役であるローリング・ストーンズだって見応えたっぷりだし、
ダーティ・マックというスーパー・セッション・バンドもあったりと
ハッキリ言って、おもしろいの一言の映像なのだ。


とにかく見てのお楽しみなのだが、
一言ずつ映像面での補足を。


トップは汚くて相当に怪しい1本足で歌うオッサンがヴォーカルのジェスロ・タル。
他のメンバーもかなり怪しい動きを見せる。
正式ギターリストが脱退したとかで、その代打ギターはトニー・アイオミ。
ギターにシールドがささってないという超手抜きだが、バックの演奏はテープ。
ヴォーカルのイアン・アンダーソンのパートのみが生録音だとか。


続くフーはあの『 THE KIDS ARE ALRIGHT 』の映像でも収められていたおなじみのシーン。
これまた怪しいキースの紹介の後、大迫力のもの凄いプレイを披露。超、超、必見!
・・・うーん・・・
文句無し、突っ込みどころが無し、パーフェクトっす!
(1曲のみというのが残念。)


次のタジ・マハールはなんとリハーサルでの収録だとか。
このショーで唯一のアメリカのバンドですが、
ビザの関係で本番までイギリスの滞在することができず、リハーサル時の収録テイクらしい。
これまたメンバーが怪しい雰囲気ですな。


そしてこのショーの紅一点・・・
(あっ、オノ・ヨーコ・・・)
マリアンヌ・フェイスフルはただひたすらガラスのように美しい。
○○もデカくて、思わず見とれちゃいます・・・


見所はさらに続く。
スーパー・グループのダーティ・マック登場。
キース・リチャーズ、エリック・クラプトン、ミッチ・ミッチェル。
そしてジョン・レノンという恐るべしメンバー。

全員がルックスまでキマリまくって、
並んでプレイしているだけで、やたらとカッコイー。

ビートルズの《 Yer Blues 》のカバーというのもうれしいが、
これがまた荒っぽい演奏で実にカッコイー。
出来ればこのノリでもう一発見せてほしかった。
次のインスト&ヨーコの絶叫は・・・

このバンドにミック・ジャガーが加わったリハーサル・テイクもあるらしいが未収録。
今後、出てくるか!


トリはもちろんローリング・ストーンズ。
解雇間近のブライアン・ジョーンズも出ています。
体調も悪くなさそうで、時折笑顔を見せてくれてます。

しかし[11]《 No Expectations 》でスライド・ギターを披露するも、
他の曲ではいないも同然。
なんと[13]《 Sympathy for the Devil 》では、けなげにもマラカスを振り続ける。

ここではスケールアップしたキースのギターが完全にサウンドの中心。
これにピアノのニッキー・ホプキンス、コンガのロッキー・ディジョーンを加えて、
ブルージーでファンキーな演奏を聴かせてくれます。
《 Sympathy for the Devil 》のイントロなんかゾクゾクしちゃうな。


ホント、正式発売されてよかった、よかった。


ラストはフーのピート・タウンシェンドとキース・ムーンが調子にのって暴れてます。


それにしてもエンディングでの《 Salt Of The Earth 》のシーン。
これを見ると、ブライアン・ジョーンズが率いたローリング・ストーンズが、
完全にミック&キースのローリング・ストーンズに代わってしまったんだなーって・・・


サウンド面についてはROCK & ROLL CIRCUS (SOUND TRACK)で。

◆各国盤のお勧めチェック◆
ロックンロール・サーカス
[日本盤] 日本仕様リージョン2のDVDです。
Amazonで詳細を見る! >>

ROCK AND ROLL CIRCUS [輸入盤] リージョンフリーDVDです。こちらにはボーナス映像が付いてるとか。
Amazonで詳細を見る! >>

海外向けDVDを手軽に再生するにはパソコンで見るか、
リージョンフリーのマルチDVDプレーヤーでOK!意外と安いです。


オンライン中古CDショップ【BEAT-NET RECORDS】
THE ROLLING STONES(ローリング・ストーンズ)のページはコチラ


ROCK AND ROLL CIRCUS / THE ROLLING STONES
ROCK AND ROLL CIRCUS [1] Intro
[2] Parade
[3] Song For Jeffrey / Jethro Tull
[4] Quick One While He's Away / The Who
[5] Ain't That A Lot Of Love / Taj Mahal
[6] Something Better / Marianne Faithful
[7] Yer Blues / The Dirty Mac
[8] Whole Lotta Yoko / Yoko Ono And Ivry Gitlis With The Dirty Mac
[9] Jumping Jack Flash / The Rolling Stones
[10] Parachute Woman / The Rolling Stones
[11] No Expectations / The Rolling Stones
[12] You Can't Always Get What You Want / The Rolling Stones
[13] Sympathy for the Devil / The Rolling Stones
[14] Salt Of The Earth / The Rolling Stones

DVD BONUS TRACKS:
[15] Bonus Materials



BEAT-NET

無料Eブック
Eブック「ブライアン・ジョーンズがダメになったワケ」無料配布中!!!
>> 詳細はこちら!

メールマガジン
メルマガ「ビートルズ、ローリング・ストーンズの次はコレ聴け!」。
ただいまモッズ特集中。
>> 詳細はこちら!
メールアドレス(登録無料):

TONITE'S MENU


Copyright © BEAT-NET HOMEPAGE. All rights reserved.
本ページはリンク・フリーです。(バナーは下記のものをどうぞ)
BEAT-NET
|   トップページ   |   サイトマップ   |   はじめに   |   無料Eブック   |   リンク集   |   メルマガ   |   ブログ   |