AFTERMATH / THE ROLLING STONES

ついに全曲オリジナル曲。うーん、しかしこいつはちょいと?

AFTERMATH / THE ROLLING STONES

オススメ度:★★★
オリジナル・リリース:1966年4月

全曲オリジナル曲で固めた、初めてのアルバム。

だけど、オリジナルとなるとどうも小さくまとまっちゃってスケールが小さい。

その気になればどんな曲でも作れるんだよ...とばかりにいろいろなタイプに手を出そうとしてるんだけど、アイデア不足というのをモロ感じるし、ちょいとキツイ。

はっきり言ってオリジナル曲でそろえたのに、逆にストーンズとしての個性が薄まってしまったアルバム。

ところどころいい曲やメロディーはあるんだけれど、全体的にいまひとつの出来。...というか少々手抜きして、お手軽に作っちゃった曲もチラホラ。

さらにアレンジ面において、ブライアンとジャガー/リチャードがかみ合ってないのだ。

ここら辺りから実質的リーダー交代の兆しが。はっきり言ってブライアンが浮き始めているのだ。

そんな状態だからリズム隊も個性を発揮できず、ノリが硬い(...というか単調)。

[6]は無理に曲を引き伸ばした感じで苦しすぎる。

きっとミックとキースが曲作りに頭悩ませてる間、ブライアンはスタジオにある楽器でもいじって遊んでたんだろう。

最大の聴き所? うーん、特にないなぁ...

Last updated: Apr 4, 2012


AFTERMATH / THE ROLLING STONES
[日本盤] 日本盤の紙ジャケ。
Amazon詳細

TRACK LISTINGS
    [1] Mother's Little Helper
    [2] Stupid Girl
    [3] Lady Jane
    [4] Under My Thumb
    [5] Doncha Bother Me
    [6] Goin' Home
    [7] Flight 505
    [8] High And Dry
    [9] Out Of Time
    [10] It's Not Easy
    [11] I Am Waiting
    [12] Take It Or Leave It
    [13] Think
    [14] What To Do