THEIR SATANIC MAJESTIES REQUEST / THE ROLLING STONES

ストーンズというのはヌキにして絶対カッコいーサイケなアルバム。
コンセプトは物真似でも意外にいい曲ばかりな傑作!

THE ROLLING STONES

オススメ度:★★★★★
オリジナル・リリース:1967年12月

ハイ、はっきり言ってこのアルバム、おいらは大好きなのであります。

ストーンズの流れの中で特異な1枚としてよく語られているけど、そんなことはなくてやっぱりストーンズ・サウンドだと思います。

表面上ミックのエゴで作ったような本作ではありますが、しっかりキースが舞台骨を支えていて、さりげなく次作「BEGGARS BANQUET」への流れも感じさせます。

(そのサウンドの骨格部分にブライアンが感じられないのは寂しい限りですが。。。)

ハイ、はっきり言ってこのアルバム、ビートルズのあのアルバムの真似だと思います。ジャケットからしてミエミエです。

それでもやっぱりビートルズのアレよりカッコイーと感じてます。サイケとかコンセプトとか気にせず、それぞれの曲を聴いてみてください。なんともいえずいいんだよなぁ・・・なんです。

ニッキー・ホプキンスのピアノが絶品の有名ドコ[6]はもちろん、[4]なんて隠れた名曲だと思います。

ポップな[1]、ストーンズらしいワイルドな[2]、なかなかのスケール感[7]、などなど実に良き良き。

ちなみに暇だったビル・ワイマンが作って歌った冗談みたいな[3]は、隣のスタジオでレコーディングしていたスモール・フェイシズのロニー・レイン&スティーヴ・マリオットがコーラスで参加しているというハナシ。ニッキーも大活躍。

このアルバムをセルフ・プロデュースで作りあげたことで自信を得たミックと(特に)キースは次の事を確信したに違いありません。

  • 俺(達)がストーンズの主役だ!
  • チャーリーはともかく、やらかし気味のビルはやっぱ脇役に徹してもらう。
  • やっぱライヴやらんとダメだね。
  • ブライアンはいなくても何とかなりそう。
  • 態度がデカいマネージャのアンドリュー・ルーグ・オールダムはいらない。
  • Last updated: Feb 9, 2021


    THEIR SATANIC MAJESTIES REQUEST
    この紙ジャケ仕様を聴きながら書いてます。ジャケットが3Dなので紙ジャケがおススメ!
    ⇒ ユニバーサル : UICY-93793 Amazon詳細
    ⇒ ダウンロード版はコチラ このパケ写はいかがなものかと。。。Amazon詳細

    TRACK LISTINGS
        [1] Sing This All Together
        [2] Citadel
        [3] In Another Land
        [4] 2000 Man
        [5] Sing This All Together (See What Happens)
        [6] She's A Rainbow
        [7] The Lantern
        [8] Gomper
        [9] 2000 Light Years From Home
        [10] On With The Show
      
    BEAT-NET HOME > THE ROLLING STONES > THEIR SATANIC MAJESTIES REQUEST