BEAT-NET HOMEPAGE - 60年代ブリティッシュ・ビート〜パブロック アルバム・ガイド -
BEAT-NET TOP > THE ROLLING STONES > SWINGING 60's

SWINGING 60's / THE ROLLING STONES
スィンギング 60's / ザ・ローリング・ストーンズ

SWINGING 60's
オススメ度:★★★★
オリジナル・リリース:2006年

60年代ローリング・ストーンズの映像ですが、
これは賛否両論の内容でしょう。

まずディスク・タイトル『 SWINGING 60's / THE ROLLING STONES 』となっていますが、
裏面に書いてあるとおり「 THE STORY OF BRIAN JONES 」が
内容と一致しています。


ローリング・ストーンズはブライアン・ジョーンズが作ったバンドというのは
いまや周知の事実。

そのブライアンは天才的な音楽の才能を持っているにもかかわらず
次第に、ミックやキースにストーンズの主導権を握られ、
自らはドラッグでボロボロになり、
自分で結成したバンド、ストーンズをクビに。

そして自宅のプールにて悲劇を迎えるという定番のハナシを、
当時の関係者がコメントを加えていくというのが、
この『 SWINGING 60's / THE ROLLING STONES 』の主な内容です。


BRIAN JONES

ハナシの筋道は、
ブライアンの才能は圧倒的だったが、内気な性格もあり、
主に当時のマネージャー、アンドルー・オールダムが
ストーンズをミックを中心としたバンドに体制を変更。
徐々にブライアンはストーンズに居場所を失っていったといったトコロ。

ブライアンのタラシぶりも、やけに強調されています。

まぁ100%、これらの証言がすべて正しいとは思えないけれど、
何故にここまで、アンドルーはブライアンをリーダーの座から下ろそうとしたのか?

マイクの音源を切ったとか、こりゃぁただのイジメみたいじゃないか。。。


BRIAN JONES

この映像、以下の場合は要注意かも。
・ローリング・ストーンズのファンになって1年未満の方
・ブライアン・ジョーンズのいたストーンズに興味のない方
・貴重な映像、音源が目当ての方

これは、あくまでブライアンを中心としたドキュメンタリー映像です。
ミックとキースを中心とした、今のローリング・ストーンズとは別モノっす。

使われている映像も大抵がこれまでどこかで見たことがあるものなので、
その点で期待しちゃぁいけません。


ただ、途中で流れるブライアンがシタールを弾く、ジミヘンとのセッション曲は、
なかなかの聴きもの。。。

セッションといっても意外と構成がしっかりとした曲で、
ブライアンとジミヘンがバンドを組もうとしてたというのは、
マジだったのかも?と夢を見させてくれます。


ブライアンのドキュメンタリー以外にも、
オマケ(?)がいくつか収録されていますが、
『 Charlie Is My Darling 』の未公開映像の
チャーリー・ワッツの当時のインタヴューはなかなか面白かったな。

しかしキースとロンがそれぞれ参加した
ダーティー・ストレンジャーの音源は蛇足。
なんで、こんなモンがここに入れたんでしょう?

こんなモン入れるんだったら、
TAMIショウの映像をキチンと無編集で収録してくれるとかしてほしかった。


でもTAMIショウでギターを弾くブライアンのとびきりの笑顔にはマジでウルル。。。
BRIAN JONES

◆オススメCDチェック◆
SWINGING 60's

[日本盤] ストーンズ初心者やブライアンに興味の無いファンにはキツい内容かも。
>> Amazonで詳細を見る!



オンライン中古CDショップ【BEAT-NET RECORDS】
THE ROLLING STONES(ローリング・ストーンズ)のページはコチラ


SWINGING 60's / THE ROLLING STONES
SWINGING 60's
[1] Around And Around / The Rolling Stones
[2] Acoustic Track (unnamed) / Brian Jones
[3] I'm Alright / The Rolling Stones
[4] Time Is On My Side / The Rolling Stones
[5] My Little One / Brain Jones And Jimi Hendrix
[6] It's All Over Now / The Rolling Stones
[7] Not Fade Away / Counterfeit Stones
[8] Didn't Want To Be An Angel / Keith Richards And The Dirty Strangers
[9] Easy To Please / Ronnie Wood And The Dirty Strangers


BEAT-NET

BEAT-NET RECORDS
60年代ブリティッシュ・ビート〜パブロック中心中古CDショップ
BEAT-NET RECORDS




メールマガジン

メルマガ「ビートルズ、ローリング・ストーンズの次はコレ聴け!」。
ブリティッシュ・ビート、パブロック関連の話題を発信中。購読は無料です。
詳細はこちら!

メニュー
トップ・ページ
HOME
はじめに
INTRODUCTION
オススメ・アルバム
RECOMENDED ALBUMS
音楽関係お気に入り本
MY FAVORITE BOOKS
管理人について
PROFILE
メール・マガジン
バックナンバー
MELMAGA
ブログ
BRITISH ROCK'S BROG
60年代モッズ・ガイド
60's MODS!
パブ・ロック・ガイド
70's PUB ROCK!
ドクター・フィールグッド&ウィルコ・ジョンソン ファン・サイト
DR. FEELGOOD & WILKO JOHNSON FAN SITE
BRITISH BEAT CLASSIC
ルーツ系ブルース、R&B、ロックンロールガイド

人気アルバム・ランキング(休止中)
ALBUM OF THE MONTH
年間人気アルバム(休止中)
ALBUM OF THE YEAR
無料Eブック
FREE E-BOOK
リンク集
LINKS

サイト内検索


おいらのホームページのサーバはココ。なかなか使い勝手が良くて気に入ってます。

ネットショップの作り方ガイド
BEAT-NET RECORDS for overseas

Copyright © BEAT-NET HOMEPAGE. All rights reserved.
本ページはリンク・フリーです。(バナーは下記のものをどうぞ)
BEAT-NET
|   トップページ   |   サイトマップ   |   はじめに   |   無料Eブック   |   リンク集   |   メルマガ   |   ブログ   |