THE ROLLING STONES
ザ・ローリング・ストーンズ・ガイド

いまや世界最強のロック・バンド、ローリング・ストーンズ。
でもデビューした60年代。帝王たちはこの頃、まだキュートな不良風おぼっちゃまだった。。。

THE ROLLING STONES

オススメ度:★★★★★

ローリング・ストーンズ、すんごいバンドである。
いまさらなんだが、やっぱりカッコイーのである。

デビューした60年代当時、ビートルズの対抗馬として不良性を前面に出したイメージで勝負。
(ホントは似たモン同士。。。というよりストーンズの方がおぼっちゃまだったりなんかして。)
その後も数々のスキャンダルを飲み込みながらも、A級で活躍。すでにオジイチャン・バンドとなってもしぶとく生き残る奇跡的なバンド。
・・・というのはご存知の通り。

そのストーンズがストーンズとして唸っていたのは、なんといっても元祖かまってちゃん、ブライアン・ジョーンズが率いてた60年代から、
ミック・テイラーが在籍する70年代前半、ロン・ウッドが入った頃の70年代後半辺り。
さらには多彩なゲストをも操り、すべて己のパワーに変える奇跡的なバンド。
・・・というのはご存知の通り。

若さあふれるブルース/R&Bコピー・バンドからメキメキと個性を発揮し、見事に自分達のサウンドと化していくのだ。
そのサウンドは渋くなりすぎず、ポップになりすぎない。
それでいて華やかさとカッコよさを最上級に兼ね備えた奇跡的なバンド。
・・・というのはご存知の通り。

ローリング・ストーンズ、すんごいバンドである。やっぱりカッコイーのである。
しかし、おいらがよく聴いたのはアルバム「Dirty Work」まで。
その次のアルバム「Steel Wheels」での音が、ストーンズがストーンズのコピーをやっているように思えて、次第にリアルタイムで聴かなくなってしまった。

なんといってもストーンズがストーンズとしての匂いをムンムンと出していた60年代がおいら最上のお気に入り。

ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、チャーリー・ワッツ、ビル・ワイマン、
そして一番のお気に入り、ブライアン・ジョーンズの5人が揃って出していたサウンドは、ローリング・ストーンズとしてはまだまだ未完成だったけれども、 やっぱり、どうにもこうにもむちゃカッコイーのだ。

最後にどーしても言いたいことは、60年代アルバムのCDをなんでアメリカ仕様ベースにしちゃったの???
イギリス仕様の方が絶対いいけどなぁ。。。

・・・とか言ってたら、2020年末、ついにイギリス仕様ファースト、セカンドが出ましたね!祝!

Last updated: Dec 2, 2020

Recommended Albums

THE ROLLING STONES
THE ROLLING STONES
これが原点。ブルース/R&Bをギター・サウンドでポップに解釈。いつ聴いてもカッコイー。いつ聴いてもシビレます。

NOW!
NOW!
粘りのあるファンキーな選曲のカバーが抜群。オリジナル曲はまだいま一歩だけれど、ジャケがカッコイーのでも問題なし。

THEIR SATANIC MAJESTIES REQUEST
THEIR SATANIC MAJESTIES REQUEST
これがストーンズのサウンドだ!・・・とは言いませんが、曲はいいし、ストーンズというブランドはヌキにしてカッコいーサイケ・ポップなアルバム。嘘じゃぁありませんの絶対オススメ!

LET IT BLEED / THE ROLLING STONES
LET IT BLEED
これがストーンズのサウンドだ!・・・というならこのアルバムでしょう。現在に続くサウンドのイメージがここで完全に確立。全曲が完璧なマジ感動のアルバム。泣くぜ!

Discography - Original Albums

奇才ブライアン・ジョーンズがばりばり頑張ってたブルース/R&Bコピー時代。

THE ROLLING STONES (1964/4)
やっぱこのサウンドは偉大のデビュー・アルバム!(UK仕様)

ENGLAND'S NEWEST HIT MAKERS (1964/5)
USファースト・アルバム!(US仕様)

12×5 (1964/10)
USセカンド・アルバム。なんとチェス録音!(US仕様)

THE ROLLING STONES NO.2 (1965/1)
かなり洗練された印象のUKセカンド・アルバム。(UK仕様)

NOW! (1965/2)
にくいカバー曲が満載なのだ。(US仕様)

OUT OF OUR HEADS (1965/7)
ついにあの大ヒット曲が!(US仕様)

OUT OF OUR HEADS (1965/9)
シブみと太さとポップさが微妙にブレンド!(UK仕様)

DECEMBER'S CHILDREN (1965/12)
ヒット曲の余波狙いでちょい強引な編集。(US仕様)

オリジナル・サウンド確立目指してミック&キース奮闘、ブライアンはハブ時代。

AFTERMATH (1966/4)
ついに全曲オリジナル曲。うーん、しかしこいつはちょいと?(UK仕様)

AFTERMATH (1966/7)
いくらなんでもひどい編集のUS仕様。(US仕様)

GOT LIVE IF YOU WANT IT! (1966/12)
なんだかビックリたまげる凄いライヴ盤!(US仕様)

BETWEEN THE BUTTONS (1967/1)
ちょっとお疲れモードのフォーキーな1枚。(UK仕様)

BETWEEN THE BUTTONS (1967/2)
やっぱりちょっとお疲れ気味。(US仕様)

FLOWERS (1967/7)
荒れたアルバム編集で漏れた曲をひろい集めたUS盤。(US仕様)

THEIR SATANIC MAJESTIES REQUEST (1967/12)
どビックリのサウンド、しかしやっぱストーンズ!

新戦力を加えてスケール感格段アップなストーンズ・サウンド確立時代。

BEGGARS BANQUET (1968/12)
なんだかスゴイ事になってきた!

LET IT BLEED (1969/12)
きたよ、来た来た。このアルバムは完璧!

GET YER YA-YA'S OUT! (1970/9)
帝王確立に向けてのライヴ盤!

Discography - Compilation Albums

60年代ローリング・ストーンズが聴ける編集アルバム、ディスコグラフィー。

BIG HITS / HIGH TIDE AND GREEN GRASS
初期のベストだけど、カッコイーんだ!

ROCK AND ROLL CIRCUS
当時は未公開だったテレビ・ショーのサウンド・トラック。

THROUGH THE PAST, DARKLY (BIG HITS VOL.2)
初期から中期にかけてのベスト、しかもまたまたカッコイーのだ!

A ROLLING STONE GATHERS NO MOSS
実に良心的なレア・テイク集。

METAMORPHOSIS
なかなかいい曲が入った他アーティスト提供曲のデモや、アウトテイク集。

SINGLES COLLECTION - THE LONDON YEARS
60年代のストーンズ・シングル曲を一挙収録。

SINGLES 1963-1965
60年代のローリング・ストーンズのシングル、EPをまとめたボックス、第1弾。

Discography - Visuals

60年代ローリング・ストーンズの映像作品・ディスコグラフィー。。

ROCK AND ROLL CIRCUS
当時は未公開だったテレビ・ショー映像。見所満載!

SWINGING 60's
初期リーダー、ブライアン・ジョーンズのドキュメンタリー映像!


BEAT-NET HOME > THE ROLLING STONES